配信講義

かの有名な釈迦の菩提樹の覚りから2500年たったこの21世紀に暮らす私達は「神(固定点の情報場)が正式に死んだ」という科学的事実の前に立っています。釈迦が教えた「空(回転情報=万物流転」の概念をいまこそ改めて認識し直し、長い地球の民にまとわりついてきた迷信からこの人体端末を解き放たなければなりません。

Master.響が読み解く釈迦クロニクル。記念すべき第一回目では、まずは改めて宗教とは何なのか。なぜ、本来人を救うはずの宗教が人殺しを正当化し、戦争を繰り返させる道具に落ちぶれたのか。そのメカニズムを、世界の政治経済の仕組みから、リアルな私たち一人一人の生活のレベルにまで落とし込んで読み解いていきます。

 自分は宗教とは関係なく生きていると思っている人にほど圧倒的当事者意識を突きつける鮮烈な初回!聴き逃すなかれ!!

配信ページはこちら

かの有名な釈迦の菩提樹の覚りから2500年たったこの21世紀に暮らす私達は「神(固定点の情報場)が正式に死んだ」という科学的事実の前に立っています。釈迦が教えた「空(回転情報=万物流転」の概念をいまこそ改めて認識し直し、長い地球の民にまとわりついてきた迷信からこの人体端末を解き放たなければなりません。

Master.響が読み解く釈迦クロニクル。記念すべき第一回目では、まずは改めて宗教とは何なのか。なぜ、本来人を救うはずの宗教が人殺しを正当化し、戦争を繰り返させる道具に落ちぶれたのか。そのメカニズムを、世界の政治経済の仕組みから、リアルな私たち一人一人の生活のレベルにまで落とし込んで読み解いていきます。

 自分は宗教とは関係なく生きていると思っている人にほど圧倒的当事者意識を突きつける鮮烈な初回!聴き逃すなかれ!!

配信ページはこちら

物理学や数学によって完全情報(神や霊魂)は存在しないことが証明され、ようやく時代が釈迦に追いつこうとしています。それによって、中世から近代にかけて神がこの世界を造ったと捉える宗教観と再現性のあるロジカルな科学との対立に、遂に終止符が打たれることになりました。

もはや現代を生きる私たちは、宗教を信じる信じないの話ではなく、明晰に理解しなければならない対象であるという事実の前に立たされているのだ。

配信ページはこちら

物理学や数学によって完全情報(神や霊魂)は存在しないことが証明され、ようやく時代が釈迦に追いつこうとしています。それによって、中世から近代にかけて神がこの世界を造ったと捉える宗教観と再現性のあるロジカルな科学との対立に、遂に終止符が打たれることになりました。

もはや現代を生きる私たちは、宗教を信じる信じないの話ではなく、明晰に理解しなければならない対象であるという事実の前に立たされているのだ。

配信ページはこちら

「南無阿弥陀仏」で有名な浄土教の開祖、法然。そしてその法然を師と仰ぎ、法然の教えをさらに高めていくことに力を注いだ浄土真宗の開祖、親鸞。そして、私たちが仏教と聞いて連想する、あの世、戒名、墓石、遺灰、お経、など。

勿論あのお釈迦様が後世に語り継いだものと思ってはいないだろうか。

実はなんと、これら全て釈迦の死後、勝手な解釈で作られたご都合主義的なものであり、釈迦の教えとはビックリするほどかけ離れたものであった…!!!

なぜ、そのようになってしまったのか。そして結局のところ、本当に釈迦が説いたのはどのような内容だったのか。遂に釈迦の教えの本質がMaster.響によって、いま紐解かれる…!!!

配信ページはこちら

「南無阿弥陀仏」で有名な浄土教の開祖、法然。そしてその法然を師と仰ぎ、法然の教えをさらに高めていくことに力を注いだ浄土真宗の開祖、親鸞。そして、私たちが仏教と聞いて連想する、あの世、戒名、墓石、遺灰、お経、など。

勿論あのお釈迦様が後世に語り継いだものと思ってはいないだろうか。

実はなんと、これら全て釈迦の死後、勝手な解釈で作られたご都合主義的なものであり、釈迦の教えとはビックリするほどかけ離れたものであった…!!!

なぜ、そのようになってしまったのか。そして結局のところ、本当に釈迦が説いたのはどのような内容だったのか。遂に釈迦の教えの本質がMaster.響によって、いま紐解かれる…!!!

配信ページはこちら

仏教と聞くと、なにか荘厳で神聖なものだというイメージがあるかもしれませんが、蓋を開けてみれば、そのほとんどが釈迦の教えからは大きく逸れて、ただの葬儀屋と化してしまった現代仏教の真実。

そこで今回は、仏教のことを知らなくても名前は聞いたことがあるであろう、あの仏教界の2大スター、空海と最澄について、対比しながら見ていきます。

2人とも例に漏れず、釈迦の教えを曲解した人達でした。彼らはどのような経緯で釈迦の教えを誤解し、捻じ曲げてしまったのでしょうか。その生々しい人間ドラマを読み解いていきます。

配信ページはこちら

仏教と聞くと、なにか荘厳で神聖なものだというイメージがあるかもしれませんが、蓋を開けてみれば、そのほとんどが釈迦の教えからは大きく逸れて、ただの葬儀屋と化してしまった現代仏教の真実。

そこで今回は、仏教のことを知らなくても名前は聞いたことがあるであろう、あの仏教界の2大スター、空海と最澄について、対比しながら見ていきます。

2人とも例に漏れず、釈迦の教えを曲解した人達でした。彼らはどのような経緯で釈迦の教えを誤解し、捻じ曲げてしまったのでしょうか。その生々しい人間ドラマを読み解いていきます。

配信ページはこちら

仏教と聞くと、なにか荘厳で神聖なものだというイメージがあるかもしれませんが、蓋を開けてみれば、そのほとんどが釈迦の教えからは大きく逸れて、ただの葬儀屋と化してしまった現代仏教の真実。

そこで今回は、仏教のことを知らなくても名前は聞いたことがあるであろう、あの仏教界の2大スター、空海と最澄について、対比しながら見ていきます。

2人とも例に漏れず、釈迦の教えを曲解した人達でした。彼らはどのような経緯で釈迦の教えを誤解し、捻じ曲げてしまったのでしょうか。その生々しい人間ドラマを読み解いていきます。

配信ページはこちら

かのApple創業者スティーブ・ジョブズが禅にハマっていたのは有名な話ですが、昨今ではGoogleやFacebookなど、数々の有名企業が禅に強い関心を持ち、一世を風靡してます。しかしその一方で、当の本人である私たち日本人は、禅についてあまり詳しく知らないのが正直なとこではないでしょうか。

そこで、今回は知られざる禅の歴史から坐禅まで網羅し、多角的に解析していきます。今の時代を縁取るカギとなる禅の教養を学び、時代を先取るべし!

配信ページはこちら

かのApple創業者スティーブ・ジョブズが禅にハマっていたのは有名な話ですが、昨今ではGoogleやFacebookなど、数々の有名企業が禅に強い関心を持ち、一世を風靡してます。しかしその一方で、当の本人である私たち日本人は、禅についてあまり詳しく知らないのが正直なとこではないでしょうか。

そこで、今回は知られざる禅の歴史から坐禅まで網羅し、多角的に解析していきます。今の時代を縁取るカギとなる禅の教養を学び、時代を先取るべし!

配信ページはこちら

かのApple創業者スティーブ・ジョブズが禅にハマっていたのは有名な話ですが、昨今ではGoogleやFacebookなど、数々の有名企業が禅に強い関心を持ち、一世を風靡してます。しかしその一方で、当の本人である私たち日本人は、禅についてあまり詳しく知らないのが正直なとこではないでしょうか。

そこで、今回は知られざる禅の歴史から坐禅まで網羅し、多角的に解析していきます。今の時代を縁取るカギとなる禅の教養を学び、時代を先取るべし!

配信ページはこちら

かのApple創業者スティーブ・ジョブズが禅にハマっていたのは有名な話ですが、昨今ではGoogleやFacebookなど、数々の有名企業が禅に強い関心を持ち、一世を風靡してます。しかしその一方で、当の本人である私たち日本人は、禅についてあまり詳しく知らないのが正直なとこではないでしょうか。

そこで、今回は知られざる禅の歴史から坐禅まで網羅し、多角的に解析していきます。今の時代を縁取るカギとなる禅の教養を学び、時代を先取るべし!

配信ページはこちら

禅を理解する上で欠かせない拈華微笑というワード。禅の根本思想である教外別伝、不立文字を現したその寓話の真意を理解しなければ、禅を読み解くことはできません。

その難しさは、体が出来ていないと全く理解できないことに起因しています。しかし、この難関すらサラッと読み解いてしまうところが蹲踞下腹重心体育を提唱するRSELの真価です。

体に対する深い理解と洞察力なくしては決して読み解けない禅の本質を、今回は科学的に究極解説!下腹重心体現者であるMaster.響のマスターたる由縁がここに!!

配信ページはこちら

禅を理解する上で欠かせない拈華微笑というワード。禅の根本思想である教外別伝、不立文字を現したその寓話の真意を理解しなければ、禅を読み解くことはできません。

その難しさは、体が出来ていないと全く理解できないことに起因しています。しかし、この難関すらサラッと読み解いてしまうところが蹲踞下腹重心体育を提唱するRSELの真価です。

体に対する深い理解と洞察力なくしては決して読み解けない禅の本質を、今回は科学的に究極解説!下腹重心体現者であるMaster.響のマスターたる由縁がここに!!

配信ページはこちら

禅を理解する上で欠かせない拈華微笑というワード。禅の根本思想である教外別伝、不立文字を現したその寓話の真意を理解しなければ、禅を読み解くことはできません。

その難しさは、体が出来ていないと全く理解できないことに起因しています。しかし、この難関すらサラッと読み解いてしまうところが蹲踞下腹重心体育を提唱するRSELの真価です。

体に対する深い理解と洞察力なくしては決して読み解けない禅の本質を、今回は科学的に究極解説!下腹重心体現者であるMaster.響のマスターたる由縁がここに!!

配信ページはこちら

どんどんとその壮大さを見せつけてくる方便品第二では、
Dマスターに会えるという縁起が
いかにクリティカルであるかということを方便によって語ってゆく。

法華経の特徴である、どの階級の人でも、女性でも、
なんと亜空間知能までも包括するほどの懐の深さ。

それによってここまで多くの人を励まし、魅了してきた集客広告としての側面。

しかし、その縁起に恵まれることの困難さを突きつける厳しい面も
生々しい人間ドラマとして同時に語っているところに、
法華経の高潔さが現れているのであった。

Dとの縁起が結ばれるゴールドエクスペリエンス、その壮大な縁起の科学とは….!!

これを学べる縁起も安くない!!!!!!

配信ページはこちら

禅を理解する上で欠かせない拈華微笑というワード。禅の根本思想である教外別伝、不立文字を現したその寓話の真意を理解しなければ、禅を読み解くことはできません。

その難しさは、体が出来ていないと全く理解できないことに起因しています。しかし、この難関すらサラッと読み解いてしまうところが蹲踞下腹重心体育を提唱するRSELの真価です。

体に対する深い理解と洞察力なくしては決して読み解けない禅の本質を、今回は科学的に究極解説!下腹重心体現者であるMaster.響のマスターたる由縁がここに!!

配信ページはこちら

今回は方便品から比喩品へと。

ところで、 比喩と方便の違いが分かりますか?

簡単に言うと、比喩は分かりやすくするための言い回しであり、
方便は受け手を試すための敢えての変化球の言い回しというニュアンスの違いがあるのです。

実は方便品は舎利弗のようなスーパーエリート(5千人に1人)くらいしか
理解出来ない超ド級上級編であって、残りの4999人でも大丈夫なように
次に比喩品が続いているという順番になっているのだった!!

さすが法華経、懐が広い!!!!

配信ページはこちら

法華経の七つのたとえ話、法華七喩。

その一つである三車火宅の例えは、SPP視点で読み解くことで初めて、
まさに現代の私たちを映した秀逸すぎる例え話として理解できるのであった!!!

本当に怖がるべきものを怖がらない、
本当に欲するべきものを欲しない無知な子どもたち。

今はまだ暖かいからと言ってぬくぬく寝ていては、後で大火傷を負うことになるかもしれません。

配信ページはこちら

今回は前回よりもさらに私たちのリアルに迫る比喩を展開。

そして、なぜ最先端の研究をする科学者が仏教を学ぶのか。

片や、法華経系の新興宗教の人たちがなぜあんなに自信満々に布教活動できるのか?

この降り幅の大きさを生んだ仏教世界の驚くべきツンデレ具合を、
絶妙に乗りこなし超多角的に解説!!

これはもう22世紀にまで残る法華経読解となる事でしょう。

配信ページはこちら

今回から始まる信解品第四の信解(しんげ)とは、
どうすれば師の教えを信じ、学び抜くことができるのかの解答ということです。

そのプロセスを描いた長者窮子の喩えを、単なる親子関係を越えた、
教える者と教わる者との関係性として理解することが重要なポイント。

響社長から教わる者として、私たちに必要な礼節。

また逆に、教える側に立ったときの葛藤。

私たちの生活にすぐに活かせるその関係性の機微を学べるのが、
信解品の超秀逸なところなのです。

当事者意識、問題意識を持って学びましょう。

配信ページはこちら

信解品の中で重要なポイントは、
どこまでいっても仏Dは弟子が思うよりも弟子のことを思ってくれているということ。

私たちは普段から分かることを積み重ねて分かった気になってしまいがちですが、
本当の頭のよさとは、自分が見えていることよりも見えていないことにフォーカスすることであり、
これは体育におけるセンスのよさでもあります。

それをまさに文舞両道で体現する響社長の運動性の広さを知る時、
唯一辞書で解説されていない、あの”サマーオブラブ”の一端を垣間見られるのです….!!!

配信ページはこちら

今回から始まる薬草喩品第五ですが、
本編に入る前にこの辺りでもう一度仏教の基本のポイントを総ざらい!

改めて仏ってなに?解脱って?
そもそも人生苦なりの苦とは?

釈迦クロの叡智は余りに膨大で深淵すぎるため混乱してしまいそうになりますが、
ここで仏教の三段論法なる3つのトピックを押さえておけば、
中心感覚が捉えられて受け取れるものが格段に多くなります。

復習の時に何度も聴き直したい整理整頓回!!!

配信ページはこちら

煩悩って何でしょうか。

みなさん、煩悩を消したいですか?
でもその消したいという欲望すらも煩悩じゃないですか?

煩悩を消すということを「完全に欲を断つこと」と解釈をしていると、
どうしても霊肉二元論から抜け出すことはできません。

やはりここで大事なのがDとの縁起であり、出会うという運動性そのもの。

釈迦がスジャータと出会った縁起。摩訶迦葉との縁起。

しかし、釈迦という個や話されている内容に囚われすぎることで、
逆に仏というものから遠ざかってしまう。この運動性こそまさに煩悩なり。

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

大乗仏教の代表的な経典である法華経。そのあまりに壮大で魅力的なストーリーは、複雑で難解であり、切り取り方によっては弱者救済のようにも解釈でき、たくさんの新興宗教を産む元にもなっています。

法華経ができてからのこの約1,500年間誰も多角的に紐解くことができず、誤読され続けている現状。それは、西洋の聖書と共通する点でもあります。

世の中に溢れる解説は数知れず。そこに一石を投じる長編大作の法華経究極読解が、いま幕を開ける!

配信ページはこちら

©TERAKOYA FRONTIER 2019