Tactile Motivation 理論

誰もが自分のモチベーションの低さに悩んでいます。

自分のモチベーションを維持できなければ、健康や仕事、そして周囲との関係性において様々な弊害が出てしまう。ただそうは分かっていても、自分の怠惰欲を抑えられず、欲求や気楽さ、現状維持の誘惑に度々負けてしまうものです。

ここで一つ、世間のモチベーションに対する大きな誤読があります。それは実は、人生変革の達成を妨げているのは、モチベーションの低さではなくモチベーションに対する間違った思い込みが原因だということです。

この授業では、モチベーションの性質を科学的に解き明かし、モチベーションを鍛えるための最適な方法や生理学的な実践方法を紹介していきます。

モチベーションに対する多角的な理解を向上し、自分の実生活でモチベーションを上手く手懐けられるようにすることで、仕事や人との関係性を有意義なものにリノベーションしていく。

●モチベーションを鍛えて成果を出すことの大切さ

●自分の負けパターンを把握する

●自己観察の重要性

●セルフコントロールを強化するφブレストレーニング

●モチベーションの3つのパラメータ

●モチベーションの保有量を増やす実践術

●自制力を鍛えるには?

●Moral Licensing の罠

●ブレずに日々行動することの大切さ

●市場のドーパミントリガーに気づくことの重要性

●継続力とドーパミンをリンクさせる実践術

●ドーパミンの誘惑にあえて負けてみる

●誘惑に負けた自分を責めてはいけない

●脱・下から目線

●遅延による価値割引の罠

●モチベーション低下への免疫を養う

●モチベーションは実は伝染する!?

●決断を持続させるための挫折シミュレーション法

●圧倒的な師を思い浮かべる

●集合無意識/social proof を利用する

●脳の怠け欲求の波を乗り越える 5 つの実践法

配信講義

©TERAKOYA FRONTIER 2018