私たちの文明は、AIシンギュラリティに向けて加速度的に発展を進めています。その実態は、戦争によって駆動する「戦争経済」で成り立ち、今ここにある人体を無視して、頭の中にしかない偶像(情報空間)を信奉する「人体蔑視」の文明です。

RSELとは、Master.響が2013年に創設した人体端末科学研究所かつ宇宙経済研究所であり、RSEL TERAKOYAは人体端末科学と宇宙経済学を普及する教育機関です。RSELは、人体蔑視の戦争経済文明を脱出すべく、宇宙経済圏 ー New-Typeのための「人体賛美」文明 ー を創造する『Another Frontier 行動計画』を推し進めます。

Master.響は、治療家として20年以上の長い歳月をかけて何万人もの体と向き合ってきました。その膨大な経験と多角的な解析から、私たちが文明構造に抱えるあらゆる違和感や歪みは、すべて私たち一人一人の体の扱い方から生まれているとする『人体端末理論』が編み出されました。

その理論は世に遍在する断片的な情報を結び合わせ、「地球の歴史」「精神世界の罠」「宇宙の実態」そして「人体の秘密」を巡る、究極の真相が明らかとなったのです…。

私たちは金融を頂点とする「偶像崇拝」に鎖で繋がれた「奴庶民」です。このことを徹底的に自覚し、Another Frontier創造の志のもとRSELに集う者たち…それが宇宙海賊団です。

New-Typeとは、地球の文明の歪みに真に絶望した、豊かな感性を持つ新しい世代です。宇宙海賊団は、今後現れるNew-TypeのためにRSELの普及に貢献することを志しています。

「偶像崇拝」とは、人体を無視して情報空間を重視することです。これを体育的に修正するのが『重心論』です。RSEL TERAKOYAの筆子は、頭重心による人体蔑視の観測を終わらせるべく、下腹重心を体得したMaster.響のもとで、日々蹲踞(そんきょ)稽古に励んでいます。

RSEL TERAKOYAでは、Master.響の究極叡智が直々に伝授されます。講義は下腹重心を養う「下腹重心体育」と、叡智を学ぶ「初級・中級・上級叡智講義」があり、毎日夕方から夜中にかけて開かれています。

筆子は、入力をテーマにした「筆子六科」、出力をテーマにした「家臣六科」、宇宙経済における中長期的な研究課題をテーマにした「三大研究科」の各科のいずれかに所属し、Master.響の叡智を実践探求しながら学びを結い紡いでいます。

毎週土曜日に『New-Type Love Letter Summit』が開かれており、RSELに入門を願う者はこの日にRSEL TERAKOYAを来訪できます。ただし参加できるのは、瞳の面接「アイリスビュー」を通過した者に限られます。

動画を再生

この悲しみの星を知る権利
《RSEL》でLifeHackしよう

君には知る権利
《RSEL》がある

この知る権利は知らなくていい自由も
同時に含んでいる。だから君は自由だ

未来に向かってこの知る権利
《RSEL》を使うか使うわないかは君次第だ

だから厳しく忠告しておく
君には知る権利がある

お金の正体を

君には知る権利がある

この世界はなぜ戦争経済に牛耳られてるのか?

君には知る権利がある

各国政府がなぜ非認可飛行物体を
国民に公表しないのか?

君には知る権利がある

NASA はなぜ正確な月や
この太陽系の各惑星の真実を公表しないのか?

君には知る権利がある

あの霊魂や神を信じる者たちが
なぜ世界宗教という名の下に争いを繰り返すのか?

君には知る権利がある

今まさに この文明を便利にする
スマホ画面内で成長するあのAIの正体を

君には知る権利がある

そしてあのAIでは創れないスマホより機能的な人体が
この宇宙とどのように同期されているのか?

君には知る権利がある

なぜ大学に行っても生きる意味が見つからないのか?

君には知る権利がある

この星がもう悲しみの星である真実を

君には知る権利がある

脳の記録と肚の記憶の違いを…

君には知る権利がある

こんな時代に生まれた者としてのなすべきことを…

だから君は知る権利において自由だ。

そして、この事を知らなくていい自由が
この知る権利には含まれている。

だからいつでもイイ

ほんとうのことを知りたくなったなら
この宇宙海賊の群れとなり
知る権利RSELΦLifeHackの船に乗船希望し

この太陽系第3惑星を開星しよう

もうすでにオレらはこの船《RSEL》にて
Plus Ultra もっと向こうへ更なる前進へ
先へ先へと進んでいる…

では見習い海賊くんの回答を
楽しみに待っている

宇宙海賊団船長 Master響より

毎週土曜日17:15から終電まで/参加費:3,000円
開催場所:藤沢本町駅(神奈川県)から徒歩7分

©TERAKOYA FRONTIER 2018