蹲踞稽古を軸とした体育学習プラットフォーム
「下腹重心ONLINE」

ここでしか明かされない「人体のひみつ」を、講義音声・動画を駆使して、オンラインで自宅に居ながら探求できます。地球最高峰の下腹重心の学びに没頭しよう。
下腹重心の基本の型である「蹲踞(そんきょ)稽古」や、体の部位ごとに合わせた「習慣メソッド」を通して、あなたの体に隠された本当の天才性を探求しよう。

そんな体育習慣を整えることができる体育学習プラットフォームが「下腹重心ONLINE」だ。

僕らの足に「蹲踞」を

下腹重心ONLINEは、どこにもない古来の和の身体文化を教われる”116本”に及ぶ膨大な映像コンテンツがメインだ。

整体ブラックジャックの異名を持つ、響社長考案の門外不出の独自メソッド、丹田と松果体を同期平行計算する「蹲踞プログラム」を世界で唯一体験できるのは・・・この下腹重心ONLINEしかない。

さらに様々な症状の未病となる背骨や骨盤の歪みを整える、一生涯の健康資産となりえる、20年の治療キャリアから産まれた整体ブラックジャック考案の「本物の自己整体メソッド」まで余すことなく公開されている。

それはマッサージ通いも一切いらなくなる、身近なテニスボールを使った、驚異の自己整体マッサージメソッドでもある。

またレベル別に丹田と松果体を開拓しながら学べる、門外不出の下腹重心自己整体術、その名も「帯メソッド」
この黒帯を目指した蹲踞の”道”が、今ここから門戸が開かれる。

デジタル全盛期の令和こそ、日本人なら体を肚から整え、健やかで康らかな健康をデジタルデバイスの発展と共に保持していくこの”蹲踞道”は、もはや少子高齢化の日本社会では当たり前の風景となっているだろう。

アップルウォッチをウェアラブルするより下腹重心蹲踞をウェアラブルする未来の訪れは、どこまでも奥深い新しい令和の日本の風土を僕らに見せてくれる。

RSEL寺子屋は、明晰な理論体系に裏打ちされた、令和のネオ武士道を意識した「文武両道」のデジタルネイティブの学び舎だ。

この寺子屋はカラダの養生や蹲踞稽古だけでなく、侍のように文の学びもすこぶる大事にする。

ゆえになんと200本以上の「人体叡智講義」や「体育叡智ラヂオ」まで、筆子となれば視聴し放題で、下腹重心という和の身体文化の真髄を、どこまでも好きなだけ深めることができる。

さぁ古くて新しいNew Typeな下腹重心ウェアラブルを、その足からはじめよう。

君の天才性は
下腹に
眠っている

<丹田>というと、芸能や武道の世界のコトバとして思い浮かべるかもしれない。
しかし、いわゆる一流と言われるスポーツ選手やダンサー、はたまたミュージシャンや現代アーティストに至るまで、この<丹田>の重要性を説くものが多くある。

彼ら彼女らは、その創造のエネルギーがいかに身体感覚に根ざしたものであるのかを、経験的に知っているのだろう。

人間の創造行為にとって、「脳」が行う思考はさして重要ではないようだ。

<脳科学>から、<へそ科学>へ。

<丹田>はヘソ下3寸のところにある、人体が立姿した状態における最適重心所在とも言える<身体感覚>を指し示すコトバである。
古来からこの<臍下丹田>は、腹式呼吸をし、精気を練り貯める場所としても語り継がれてきた。

<下腹重心>とは、この丹田感覚を養う稽古である。

それは「ゾーン」とも呼ばれる、世の中で天才とうたわれる人々が見せる、極限の集中とリラックスが同居した身体感覚を、科学的にトレーニングすることをも意味する。

この丹田感覚が研ぎ澄まされてくると、現代人が忘れかけている様々なこのカラダ<人体端末>の機能を復活させることが可能となる。

人体は尊い。

そしてその機能のほとんどは、まだ眠ったままだ。

さながら埋もれてしまったアプリケーションのように、再びタッチされ起動する時を待っている。

その価値は、どんなデジタルデバイスでも補うことができない。そのことに、そろそろ気づいてもいい頃だ。

今こそ、思考する脳科学の限界を知り、<触覚>で感じるへそ科学を、その下腹にたずさえて

いざ、デジタルテクノロジーとの共存共栄を果たす、松果体とも繋がる<New Type>な明るい人体テクノロジーへとテイクオフしよう!

太古の姿勢で
近未来の感性を

倭の国・日本に古から伝わる、<蹲踞>

この姿勢が、下腹重心を養うのに最適な身体メソッドであることを、「響社長」は発見した。

<蹲踞>は、カラダの重みを5本の足指でバランスよく支えることに始まる。すると、「頭」にのぼっていた余計な血流は、再び下半身へと流される。
そうして人体の中心=Φ(ファイ)ポイントである<臍下丹田>へ重心が集まった時、人体が本来もつ<触覚の知性>が目覚めてゆく。

それはコトバではなく、体感の世界

人体の軸、<正中洞>の境地だ。

現代人は、とかく「頭」の思考や雑念に酔いやすく、振り回されやすい傾向にある。
しかし、ひとたびこの人体の軸<正中洞>の空洞を、蹲踞という<型>によって感覚した者にとって、「頭」で認知するコトバの世界は1つの空間にすぎないことが分かる。

<脳>ではなく、<へそ>で捉える

もう1つの世界がある。

この先に待ち受ける近未来へ向けて、ぼくらはこの太古の姿勢を身に付けよう。
コンピュータによる0と1の<二分割>によって立ち現れるデジタルデータの海で溺れないように。

そのカラダで覚えたものは、簡単に忘れられることはない。デジタルデバイスよりもはるかに高度な<記憶力>を、このカラダ<人体端末>は宿しているのだから。

一度でも体得された<型>は、一生消えない宝になる。

その頭の<四角い>世界から、お臍で見つける<球体>の世界へ。

さあ、君の秘められた感性をアップデートしよう。

電脳人か
蹲踞人か
物語はきみが選べる

信じるか信じないかは別として、僕ら地球人類はこれから二種類のタイプに別れ、徐々に棲み分かれていくことになる。

プロトタイプ電脳人と、ニュータイプ蹲踞人。

脳科学によるテクノロジーが極値を迎えようとする令和の時代、「SONKYO-ZINE」はSpace People(New Type)の真相に迫る。

その全情報源は、TERAKOYA FRONTIERによって運営される学び舎「RSEL寺子屋」から届けられている。

記録か
記憶か
古の叡智を学ぶ

「RSEL寺子屋」は2013年ごろ、湘南で産声をあげた。

はじめに集まったのは、ごく少数のこの美しき悲しみの星の違和感に肌ざわりで気づいた者たち。

その中心にいたのは、脳科学の限界を知り、触覚のへそ科学へと向かう記憶の復元「人体端末アップデート」をすでに成し遂げていた謎多き男。

Space Peopleがこの星にもたらした古の叡智を編み上げ、「人体」「宇宙」「経済」からなる3つのTRUE liberal Artsを独自に構築していた、響社長だ。


脳はバカだが
肚(はら)は賢い

脳にすべてを委ねてはならないことを、昔の日本人は知っていたのだろうか。「肚(はら)」にまつわる表現は現代でも数多く残っている。

響社長は、20年間3万人以上にも及ぶ患者への孤高な整体指導歴をもった、異端の整体ブラックジャックと評される男。

独自の経験則と人体研究によって多角的に導き出された事実は、この星のどこでも学ぶことのできない「叡智」として結晶化した。

情報空間の海を満たす記録ではない、そのカラダに紡がれた記憶を憶い出すホンモノの学びが、ここにはある。

この時代が
どんな時代なのかを
教えよう

はじめは半信半疑かもしれない、かつて僕らの誰もがそうだった。

「宇宙海賊団」はRSEL寺子屋で響社長から学び合いながら、この叡智と下腹重心の学習プラットフォームを創っている群れのニックネームだ。

オフラインでリアルに集いながら、オンラインでそれぞれに繋がりながら、テクノロジーと共存共栄する「蹲踞人(ニュータイプ)」になるための学びは、もう始まっている。

蹲踞稽古を軸とした
体育学習プラットフォーム
「下腹重心ONLINE」

ここでしか明かされない「人体のひみつ」を、講義音声・動画を駆使して、オンラインで自宅に居ながら探求できます。地球最高峰の下腹重心の学びに没頭しよう。

下腹重心の基本の型である「蹲踞(そんきょ)稽古」や、体の部位ごとに合わせた「習慣メソッド」を通して、あなたの体に隠された本当の天才性を探求しよう。

そんな体育習慣を整えることができる体育学習プラットフォームが「下腹重心ONLINE」だ。

僕らの足に
「蹲踞」を

下腹重心ONLINEは、どこにもない古来の和の身体文化を教われる”116本”に及ぶ膨大な映像コンテンツがメインだ。

整体ブラックジャックの異名を持つ、響社長考案の門外不出の独自メソッド、丹田と松果体を同期平行計算する「蹲踞プログラム」を世界で唯一体験できるのは・・・この下腹重心ONLINEしかない。

さらに様々な症状の未病となる背骨や骨盤の歪みを整える、一生涯の健康資産となりえる、20年の治療キャリアから産まれた整体ブラックジャック考案の「本物の自己整体メソッド」まで余すことなく公開されている。

それはマッサージ通いも一切いらなくなる、身近なテニスボールを使った、驚異の自己整体マッサージメソッドでもある。

またレベル別に丹田と松果体を開拓しながら学べる、門外不出の下腹重心自己整体術、その名も「帯メソッド」
この黒帯を目指した蹲踞の”道”が、今ここから門戸が開かれる。

デジタル全盛期の令和こそ、日本人なら体を肚から整え、健やかで康らかな健康をデジタルデバイスの発展と共に保持していくこの”蹲踞道”は、もはや少子高齢化の日本社会では当たり前の風景となっているだろう。

アップルウォッチをウェアラブルするより下腹重心蹲踞をウェアラブルする未来の訪れは、どこまでも奥深い新しい令和の日本の風土を僕らに見せてくれる。

RSEL寺子屋は、明晰な理論体系に裏打ちされた、令和のネオ武士道を意識した「文武両道」のデジタルネイティブの学び舎だ。

この寺子屋はカラダの養生や蹲踞稽古だけでなく、侍のように文の学びもすこぶる大事にする。

ゆえになんと200本以上の「人体叡智講義」や「体育叡智ラヂオ」まで、筆子となれば視聴し放題で、下腹重心という和の身体文化の真髄を、どこまでも好きなだけ深めることができる。

さぁ古くて新しいNew Typeな下腹重心ウェアラブルを、その足からはじめよう。

君の天才性は
下腹に
眠っている

<丹田>というと、芸能や武道の世界のコトバとして思い浮かべるかもしれない。
しかし、いわゆる一流と言われるスポーツ選手やダンサー、はたまたミュージシャンや現代アーティストに至るまで、この<丹田>の重要性を説くものが多くある。

彼ら彼女らは、その創造のエネルギーがいかに身体感覚に根ざしたものであるのかを、経験的に知っているのだろう。

人間の創造行為にとって、「脳」が行う思考はさして重要ではないようだ。

<脳科学>から、<へそ科学>へ。

<丹田>はヘソ下3寸のところにある、人体が立姿した状態における最適重心所在とも言える<身体感覚>を指し示すコトバである。
古来からこの<臍下丹田>は、腹式呼吸をし、精気を練り貯める場所としても語り継がれてきた。

<下腹重心>とは、この丹田感覚を養う稽古である。

それは「ゾーン」とも呼ばれる、世の中で天才とうたわれる人々が見せる、極限の集中とリラックスが同居した身体感覚を、科学的にトレーニングすることをも意味する。

この丹田感覚が研ぎ澄まされてくると、現代人が忘れかけている様々なこのカラダ<人体端末>の機能を復活させることが可能となる。

人体は尊い。

そしてその機能のほとんどは、まだ眠ったままだ。

さながら埋もれてしまったアプリケーションのように、再びタッチされ起動する時を待っている。

その価値は、どんなデジタルデバイスでも補うことができない。そのことに、そろそろ気づいてもいい頃だ。

今こそ、思考する脳科学の限界を知り、<触覚>で感じるへそ科学を、その下腹にたずさえて

いざ、デジタルテクノロジーとの共存共栄を果たす、松果体とも繋がる<NewType>な明るい人体テクノロジーへとテイクオフしよう!

太古の姿勢で
近未来の感性を

倭の国・日本に古から伝わる、<蹲踞>

この姿勢が、下腹重心を養うのに最適な身体メソッドであることを、「響社長」は発見した。

<蹲踞>は、カラダの重みを5本の足指でバランスよく支えることに始まる。すると、「頭」にのぼっていた余計な血流は、再び下半身へと流される。
そうして人体の中心=Φ(ファイ)ポイントである<臍下丹田>へ重心が集まった時、人体が本来もつ<触覚の知性>が目覚めてゆく。

それはコトバではなく、体感の世界

人体の軸、<正中洞>の境地だ。

現代人は、とかく「頭」の思考や雑念に酔いやすく、振り回されやすい傾向にある。
しかし、ひとたびこの人体の軸<正中洞>の空洞を、蹲踞という<型>によって感覚した者にとって、「頭」で認知するコトバの世界は1つの空間にすぎないことが分かる。

<脳>ではなく、<へそ>で捉える

もう1つの世界がある。

この先に待ち受ける近未来へ向けて、ぼくらはこの太古の姿勢を身に付けよう。
コンピュータによる0と1の<二分割>によって立ち現れるデジタルデータの海で溺れないように。

そのカラダで覚えたものは、簡単に忘れられることはない。デジタルデバイスよりもはるかに高度な<記憶力>を、このカラダ<人体端末>は宿しているのだから。

一度でも体得された<型>は、一生消えない宝になる。

その頭の<四角い>世界から、お臍で見つける<球体>の世界へ。

さあ、君の秘められた感性をアップデートしよう。

電脳人か
蹲踞人か
物語はきみが選べる

信じるか信じないかは別として、僕ら地球人類はこれから二種類のタイプに別れ、徐々に棲み分かれていくことになる。

プロトタイプ電脳人と、ニュータイプ蹲踞人。

脳科学によるテクノロジーが極値を迎えようとする令和の時代、「SONKYO-ZINE」はSpace People(New Type)の真相に迫る。

その全情報源は、TERAKOYA FRONTIERによって運営される学び舎「RSEL寺子屋」から届けられている。

記録か
記憶か
古の叡智を学ぶ

「RSEL寺子屋」は2013年ごろ、湘南で産声をあげた。

はじめに集まったのは、ごく少数のこの美しき悲しみの星の違和感に肌ざわりで気づいた者たち。

その中心にいたのは、脳科学の限界を知り、触覚のへそ科学へと向かう記憶の復元「人体端末アップデート」をすでに成し遂げていた謎多き男。

Space Peopleがこの星にもたらした古の叡智を編み上げ、「人体」「宇宙」「経済」からなる3つのTRUE liberal Artsを独自に構築していた、響社長だ。

脳はバカだが
肚(はら)は賢い

脳にすべてを委ねてはならないことを、昔の日本人は知っていたのだろうか。「肚(はら)」にまつわる表現は現代でも数多く残っている。

響社長は、20年間3万人以上にも及ぶ患者への孤高な整体指導歴をもった、異端の整体ブラックジャックと評される男。

独自の経験則と人体研究によって多角的に導き出された事実は、この星のどこでも学ぶことのできない「叡智」として結晶化した。

情報空間の海を満たす記録ではない、そのカラダに紡がれた記憶を憶い出すホンモノの学びが、ここにはある。

この時代が
どんな時代なのかを
教えよう

はじめは半信半疑かもしれない、かつて僕らの誰もがそうだった。

「宇宙海賊団」はRSEL寺子屋で響社長から学び合いながら、この叡智と下腹重心の学習プラットフォームを創っている群れのニックネームだ。

オフラインでリアルに集いながら、オンラインでそれぞれに繋がりながら、テクノロジーと共存共栄する「蹲踞人(ニュータイプ)」になるための学びは、もう始まっている。

下腹重心ONLINEの学びは、人体さえあればほかに特別なものは必要ない。

これまでの生活に、習慣として、下腹重心を体得するためのメソッドを加えていくことで、日常の景色の変化を体感できる。

あらゆる人の生活スタイルに、
この新時代の学びはフィットする。

地球の裏側に旅行に行こうが、月にいようが。

まずは誰でも体験できるように30日間99円の期間を用意した。

スマホを見ながら、動画のガイドに沿って続けていくだけで、
一ヶ月後には、日常の景色がガラリと変わることに驚くはずだ。

下腹に眠っている天才性を開花させ、この人体の本当の価値に気づいた君の姿を、僕らも楽しみにしているよ。

月額10,800円が

今なら

Q&A

詳細は

◼︎こちらのページ

をご覧ください。

詳細は

◼︎こちらのページ

をご覧ください。

ご登録日より30日が経過したタイミングで、初回ご登録時のクレジットカードへ翌1ヶ月分を自動請求させて頂きます。なお日割計算による清算等は一切受け付けていないため、解約されるタイミングについてはご留意願います。

お支払い方法の変更は原則受け付けておりません。

はい、勿論可能です。ただし2度目以降のご登録では99円の適用はございませんので

◼︎お問い合わせページ

より再登録希望の旨をご連絡願います。

学習促進のためにメルマガを配信させて頂くのですが、一部のメールアドレスではメールが届かないという不具合が報告されています。そのため、基本的にはGmailのご利用を推奨させて頂いています。

はい、すぐに可能です。

◼︎こちらのページ

に手順の記載がございますので、そちらを参考に手続きを進めてください。

次の課金日の前日までサービスをご利用頂けます。
例.)6/15に直近の課金があり、6/30に退会申請した場合⇒7/14までご利用頂けます。

注意事項

知り得た具体的な情報はSNSやブログなどで公開することを禁止します。配信されている音声、文字起こし情報を無断で公開することも禁止します。 

情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の入会はお断り致します。

宇宙海賊団では礼節がまず初めに求められます。 オンライン、オフライン問わず礼節を守れない方は破門(強制退会)させていただきます。

共に叡智を学ぶ筆子として、一人一時空、礼節を持って学び合いましょう。