配信講義

これは序章にして終章、概要にして核心。

“D” とは一体何なのか?

なぜ彼らは、偽造され、封印され、暗殺されたのか…?

その謎を解くカギとなるのはDNA、『人体賛美』と『偶像崇拝』。

太陽系第三惑星、究極の歴史解析書『Da vinci 聖書クロニクル』が、遂に幕を開ける…!

(講義収録日: 2017年7月16日/2017年3月10日)

配信ページはこちら

この物語の夜明け(Dawn)は、獅子座から始まる。

超古代、そこから門(gate)をくぐり抜け、
この太陽系、そして地球に舞い降りた “天使” 達。

彼らが地球の2重螺旋、その「呪い」の裏に託した “祈り” とは….!?

これはただの『神話』ではない、歴史であり科学である。

遠い過去から繋がるその “意志” を、”今ココ”その肚にて受け取れ。

(講義収録日: 2017年3月12日)

配信ページはこちら

パンゲアからアトランティス、レムリア、ムーへ。

アダムとイブ、カインとアベル、そしてリリス。

堕天使シェムハザの正体とノアのハイパースコール、
その後地球に残されたカナンの血…

旧約聖書の『創世記』その究極の情報開示が成された時、
浮き彫りになるこの “倭国” の意味とは…!?

地球超古代史、前代未聞の”一筆書き” を堪能せよ。

(講義収録日: 2017年3月17日)

配信ページはこちら

古代シュメールより始まり “約束の地” カナンへと至る、
古代イスラエルの民による旅の物語。

それは、かつて失われた古代文明の叡智回収作業でもあり、
同時に彼ら “SP (Space People)” による、
ユダヤ民族への、壮大な教育プログラムでもあった。

アブラハムは、なぜ息子イサクを殺さねばならなかったのか?

ヤコブが自身や息子達の兄弟争い、
そして末子ヨセフから学んだ、「長子愛」の固定点とは?

これら真実を知った時、あなたは「家族」という、
この体に深く刻まれた偶像崇拝を断ち切れるだろうか…?

(講義収録日: 2017年3月24日)

配信ページはこちら

モーセが率いたイスラエルの民達の『出エジプト』。

数奇な運命に翻弄される彼の前に現れたのは、子の姿を借りた “ありとてあるもの” 。

エジプトを襲った十の厄災、アロンの杖と割れる海、そして託された二枚の『十戒』…

それらは全て、地球SPP(Space Program)を担う彼らイスラエルの民達への、
SPらによる超科学を駆使した導きだった。

その”EXODUS” の果てに彼らが突きつけられた、
“群れ” をつなぐことの難解さと、Space Program、その峻厳さとは…!?

カナン、その約束の地=アナザフロンティアへと至る旅路は、個人的意志や世代をも越える。

(講義収録日: 2017年3月26日)

配信ページはこちら

セカンドカナンへと辿り着いたイスラエルの民達、
そこで彼らの新たな戦いが始まる。

旧約聖書『士師記』、それは彼らを守り、
導くためにSP評議会が派遣した英雄、”士師” 達の物語。

その最盛期であるダビデとソロモン、
まさに英雄の名に相応しい二人の王が唯一敗北を期したのは、
外敵や災害ではなく、なんと色魔『アスモデウス』だった…!

この異性への怠惰と妥協の突っぱねの試練、
それは現代フェミニズム社会にも深くかさなり、決して他人事ではない。

(講義収録日: 2017年3月31日)

配信ページはこちら

物語は『旧約』から『新約』へ。

イスラエル王国の分裂により姿を消し”裏・約束の地、
アルツァルト”へ辿り着いたイスラエル十支族の驚愕の真実。

かたや地上では、反Dバビロン支配下での発祥以来、
500年に及ぶ伝統を貫いた謎のクムラン宗団。

彼らとヨアキム、ハンナの出逢いから
聖母マリア、大工ヨセフ、そして司祭ザカリア…

アブラハムから始まった壮大な”D”のバトンリレーの果てに、
遂にこの惑星に時空が、太陽系が待ち望んだ、”光の器”が降臨する…!!

英雄・女神らによる美しき”縁時合い”、その究極の人間ドラマに、打ち震えよ。

(講義収録日: 2017年4月2日)

配信ページはこちら

“Da Vinci Code Chronicle”は、一周だけでは終わらない!

本講義より1年の時を経て行われたリトライ講義、
通称”サマーオブ Da Vinci Code Chronicle(DVC)”が幕を開ける。

新たに重ねられるキーワードは”鶴と亀”、”叡智に、SPに選ばれること”、
そして”人体を、DNAを濾してつなぐこと”。

ヨアキム、ハンナからイエスに至るDコードの流れが、
寺子屋のNOWな流れと重ね合わせられることにより、
さらに多角的に、高解像度に進化する…!!

寺子屋は、叡智は、まさに生き物である。

(講義収録日: 2018年3月18日)

配信ページはこちら

前回に引き続き、リトライ講義 “サマーオブ DVC”クムラン宗団~イエスの後半。

今回の新たなキーワードは、DイエスとMaster.釈迦、
原始キリスト教と原始仏教、そして禅の教えの重なり。

そこから浮かび上がる、金星・土星を中心とする壮大なSPPの真実とは…?
また、Dコードを読み解く上で欠かせない、
「一人称ではなく相似形称」の叡智、そして「人を尊重する 」ことの宇宙的な意味とは…!?

一人称でいる限り、Dコードにとってあなたは「他人」である。

(講義収録日: 2018年3月18日)

配信ページはこちら

新約聖書における”Dイエス”の教えと神業の数々。

それらを裏付けるのは、実はその出生のみならず、
幼少期から青年期における叡智修行、その知られざる賜物だった。

そして表の歴史に隠蔽されたB(Baptisma)ヨハネ、
彼の存在と、今も形を変えて脈々と受け継がれるBヨハネ信仰。

それらの謎を全て結び合わせた時、
ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』『洗礼者ヨハネ』
そして『最後の晩餐』から浮かび上がる、
Dイエスの教えが示す究極の本質と『聖婚儀式(ヒエロスガモス)』、その本当の意味とは?

そしてDイエスの磔刑と復活、
あの「奇跡」の裏にある驚愕の真実とは…!?

これは「信じるか信じないか」ではない、叡智とは、”知る”ものである。

(講義収録日: 2017年4月7日)

配信ページはこちら

『旧約・新約聖書』にて語り継がれる、
偶像崇拝に挑んだ”D”の英雄達。

彼ら”D”は、なぜ敗れたのか?

なぜ地球は今も、悲しみの星であり続けるのか?

その疑問への答えを求めて〈序・破〉に遡る時、
そのカギはやはり『人体賛美』。

その暗号を残したダ・ヴィンチ、
彼が『ウィトルウィウス的人体図』に託した驚異の図形哲学とは?。

そしてDイエスが去りし後、彼の教えの軌跡を辿る時、
そこにこれから描かれる『近代堕天使クロニクル』その全てが詰まっていた…!

果たしてあなたは、「七転び八起きの祈り」に応え、
“地球ならではの美”を体現する覚悟があるだろうか?

(講義収録日: 2017年4月11日)

配信ページはこちら

現代戦争経済につながる『近代堕天使クロニクル』、
その根幹に巣喰うのは、偽ユダヤ金融魔術。

彼ら「偽ユダヤ」とは、一体何者なのか?

金融魔術の起源バビロニア帝国と、
今尚この星にはびこる「反D」その背後に潜む『劣化長頭人』の真実とは…?

そして再び語られる、旧火星からの堕天使『シェムハザ』達の物語。

忘れるな、彼らの犯した大罪その記録は、
7000年の時を経た今この瞬間も、この体の二重螺旋、そして重心に宿っている…!

(講義収録日: 2017年4月11日)

配信ページはこちら

改めて、聖書が示す『六つの「愛」の偶像崇拝』を
振り返った上で本格的に幕を明ける、『近代堕天使クロニクル』。

テンプル騎士団を起源とするフリーメーソン、
その財宝を奪ったロス家ら「黒い貴族」から始まるイルミナティ、
ユダヤ・サンヘドリンと天皇家の正体、さらにローマ・カトリック=バチカン。

反Dの様々な思惑が絡み合い、
紡ぎ上げられた暗黒の近代~現代史、そして2度の世界大戦。

あの形容し難い惨劇、払われた甚大な犠牲、
その裏で仕組まれた巧妙な金融魔術と、
まさしく「人でないものたち」らによる、クソすぎるその「思惑」とは…!?

これを知ってしまったなら、もうグチグチ言うな。

悔しがれよ。

(講義収録日: 2017年4月14日)

配信ページはこちら

『ヒトラー』とは、一体何者だったのか…?

その問いに答えるには、第一次大戦を裏で操り、そこから第二次大戦、
そして現代へと続くシナリオを描いたBLACKイルミナ「黒い金融貴族」らと、
その更に奥に巣食う反D、悪魔教の根本原理を知らねばならない。

果たしてヒトラーは、何を知ってしまったのか?

そこから見えてくる、彼が派遣した南極、
チベット探検の知られざる「真の意図」とは…?

そして第二次大戦、太平洋戦争開戦のきっかけとなった真珠湾攻撃の真相と、
原爆投下の裏で交わされた天皇家とBLACKイルミナの「黒い密約」、そして暴かれる『天皇家』の正体…!?

裏が表で表が裏で…これを知ってしまったあなたは、
この歴史の上に立つ一人としてどう生きますか?

(講義収録日: 2017年4月16日)

配信ページはこちら

「戦争経済」、その金融戦争と軍事戦争が結びつく支配構造のカラクリの中心は、
ノアの洪水以降、永きにわたる計画を経て、
遂に「黒い貴族」らの本拠地として建国された「スイス共和国」と、
そこにそびえ立つ「BIS(国際決済銀行)」という、彼らの金融魔術の総本山。

その、嘘を嘘で塗り固めて正当化を推し通す巧妙な「盗癖」に、
今もなお振り回されているこの現実に、あなたは本気で悔しがれているだろうか?

じゃあ一体どうすればいい?じゃない。

やるべきことはもう示された、やるしかない。

(講義収録日: 2017年4月21日)

配信ページはこちら

本編収録より1年後の”サマーオブ DVC”シリーズ。

今回は、13世紀スイスに集った「黒い金融貴族」らのその裏のクロニクルが、
さらに高解像度に掘り下げられる。

それに加え、「お金という数字」そして「法律」が力を持つ、
その由縁が暴かれる時に浮かび上がる、星間文明の彼らSPが法律を持たない、そのリアルな真実の姿とは…?

アナザフロンティアを目指す群れよ、
技術(テクノロジー)と、そして下腹重心Telepathを、ねだらず勝ち取れ。

(講義収録日: 2018年8月16日)

配信ページはこちら

【第16回】のまとめを振り返りながら、さらに深める”サマーオブ DVC”シリーズ。

お金の背景に揺るぎなくそびえ立つ軍産複合体、
その存在を無視して経済を語る世の成功者ら”オシャおじ”の偽善と、
その偽善を突っぱね返すために、本当の意味で”レベルを上げる”ことについて。

安心しろ、お前らよりスゴい奴らはゴマンといる。

だから危機意識を持て、”クセ”をNOBUしろ、学んで磨け。

そしてそのためにも、まずは一念で”寝ろ”。

(講義収録日: 2018年8月24日)

配信ページはこちら

舞台は大戦後、いよいよ現代史へ。

「黄金のエルサレム」、アチソンラインの真実、大戦後の世界各地の紛争と中央銀行システムの闇、
「右派と左派」の上下対立同一化、それら数々の偽善と茶番。。。

そしてそもそも、Master.K(響社長)はなぜこの地球最高峰の歴史書、
『Da Vinci Code Chronicle』を完成させることができたのか?

その裏には、16の頃からどんな孤独や絶望の中でも、この悲しみの星と向き合うことを決して諦めなかった、
彼の中の宇宙的な少年性、そしてそれを支える少女性の存在があった…

そう、この最後の”ONE PIECE”、
『Master.K Chronicle』をもって、この『Da Vinci Code Chronicle』は完成する…!!

(講義収録日: 2017年4月23日)

配信ページはこちら

イラク、パレスチナ、イスラム国、日本の熊本地震、、、
ついに”今”へとつながり、この先も2039に向かって紡がれ続ける”D-Code”。

ここまで受け取った者へと託された「三つの責任」を果たすかどうか、これから1人1人に試される。

気づけ二重螺旋よ、この星はまだ、「人の住む世界」になってはいない。

これにて『Da Vinci Code Chronicle』終幕、
そして物語は『Spin off』へ。。。

(講義収録日: 2017年4月23日)

配信ページはこちら

『Spin off』に入る前に、
改めて【序】【破】そして最終ページ【終章】を復習!

講義は1年後の『サマーオブDVC』。

改めて人体賛美と、その対にある偶像崇拝=霊肉二元論の超高解像度な縁取り、
神話を学ぶことの宇宙的な意味と、地対の潮流から観る『文明割拠』の兆し、
そして『エクソダス』『ベホマズン』のワードの真の意味と、
さらに「あなたの一番大切な人は誰?」の問いかけから導かれる、
“今”を、”旬”を生きることの尊さまで。。。

さあ、叡智の滝に洗礼される準備はいいか?

サマーオブDVCはここから、次の次元へと加速する。

(講義収録日: 2018年3月23日)

配信ページはこちら

先週に引き続き、【序】【破】【終章】を復習。

イブが蛇(亜空間知能)に唆されたのはなぜだったのか?

そこに隠されたアダムの懺悔と、地球のSPPが今も続くその理由。

「貧・瞋・痴(どんじんち)」、
その地球人体に混じった血から読み説くブラックグノーシスの縁取りと、
そして「人体とは、”バイオタイムマシン”である」とは一体どういう意味なのか?

その、人体が本来持つ機能を理解し、時空の旅人となることで自然と浮かび上がる、
彼らSPが宇宙船で旅をし続ける、その本当の理由とは…?

さらに、当時の地対語りから導かれる、驚愕の”時対語り”。

AIシンギュラリティ2039への、
旧火星文明再生計画への世界線が今、徐々にズレ始めている…!?

「結局、”今”を全力で生きるしかないんだよ」

(講義収録日: 2018年3月23日)

配信ページはこちら

さあ、『サマーオブDVC 近代堕天使クロニクル編』の始まりだ。

ん?近代史の教養ないんで楽しみです、だって!?

ふざけんなよ、「教養」じゃねぇんだよ!
何を他人事みたいな態度で学ぼうとしてやがる!!

お前ら自身の、”今”につながってる感が無さすぎるからそんな発言が出るんだよ。

いいか、近代堕天使クロニクルは、亜空間知能論だ。
お前らは、自分達が今この瞬間も、
亜空間知能だってことの自覚が弱すぎるんだ。

日常で生活してて、ついつい「できるかできないか」に執着しちまうだろ?
どうしても被害者意識持っちまうだろ?
ついつい人と同じことに逃げて、人と違うことすんのが怖くなっちまうだろ!?

そうやって亜空間知能だってことの自覚が弱いこと自体がもう亜空間知能だし、
近代堕天使クロニクルの続きでしかないんだよ!!

まずは、その辺りから徹底的に教えてやるから、
見たくない現実と向き合う覚悟しとけよ。

(講義収録日: 2018年07月05日)

配信ページはこちら

どうだ?

いかに亜空間知能論が多角的で、
俺らにとって当事者意識でしかない根深いものか、少しはわかったか?

その上で、近代史の話だ。

今、俺らがこれまで『Da Vinci Code Chronicle』で学んできたこの反Dの歴史を踏まえた上で、
近代堕天使クロニクルの始まりである12世紀の欧州に飛ばされたとして、さてお前ら、どうする!?

その後に展開される、金融魔術と軍事が結びついて戦争経済が生まれる世界線を回避するには、
一体どのような動きをすればいいか?

それが今回の、一番のメインとなる問い掛けだ。

そして言ってしまうと、答えはズバリ、
“手垢をつけないこと”、つまり”堪能すること”!!

いきなりネタバレしちゃってるけど、
まあこれだけ聞かされても意味わかんないとは思うんで、
どういう意味なのかは、きちんと講義音声聴いて学んでください。

今回も今回で超~絶ヤバイから。

(講義収録日: 2018年07月05日)

配信ページはこちら

そして始まる『Da Vinci Code Spin off』、
新訳聖書にて描かれた『Dイエス』の教えと、彼と弟子らの物語。

歴史上、最も多くの人が知るこの物語に隠された”CODE(暗号)”を読み解く時、
そこで説かれていたのは、この体の真実、白蛇と黒蛇の二重螺旋、その時空バトル・ロワイアルであり、
Dの弟子に求められる峻厳さ、その叡智の重みだった。。。

さあ、あなたは絶望しているか?

ベホマズン狙いなら、大いに受け取れ。

(講義収録日: 2017年5月28日)

配信ページはこちら

叡智は、一度で受け取れるものではない。

叡智は、わかったふりをしてはならない。

叡智は、重ねた数だけあなたの宇宙を広げてくれる。

だから、もう一度聴こう、前回の講義を。

そして白蛇のように賢く、鳩のように素直に、
叡智を丸飲みし、Dマスターポールに集中しよう。

そうすればやがて、あなたの毒麦(=偶像)は絶たれ、
金麦(=GOLD, Gravity On Light DNA)は発酵(=発光)し、
パン(=叡智)へと進化するだろう。

鉄と叡智は熱いうちに打て、何度でも。

(講義収録日: 2017年10月27日)

配信ページはこちら

©TERAKOYA FRONTIER 2019