AI近未来の日本へ向けた

究極の4大オンライン教育

最新情報 – 毎週土曜日更新

AI近未来の日本に向けて
“わたし”という謎を解く
波瀾万丈な宇宙海賊オンライン
究極の叡智ズキュン体験始まる

近未来の叡智冒険ラジオスクール
大航海中!!

稀代の教育者 Master.響 による
AI近未来へ向けた究極の感性教育
音声講義1000本以上を配信

なぜ学ぶのか、何を学ぶのか

テクノロジーの革新が日増しに進み、私たちは自分の頭の世界に埋没しやすい文明を築き上げています。このまま進歩していけば、20年後にはヴァーチャルリアリティの世界で1日のほとんどを過ごしたり、体をどんどんロボット化していくような人々が現れるかもしれません。

でも、それと同時に「この体って何なのだろう?」と思う人々も増えるはずです。私たちはこの体から抜け出たことは一度もありませんが、ずっとそばにあるこの人体の謎は、実はほとんど解かれていないのです。

RSELでは、学主であるMaster.響が解明した「人体という驚異のテクノロジー」を中心に、経済、歴史、宗教、物理科学と自然科学など、あらゆる分野を結び合せた究極の感性教育『ART叡智教育』と、人体の本当の扱い方を学び、五感の解像度を高める『下腹重心教育』の二つを主軸に、聖書をめぐる西洋史の秘密を解き明かす『Da Vinci 聖書 Chronicle』と、釈迦の教えを体育科学的に解き明かす『釈迦 Chronicle』を加えた四つの学び方を通して、近未来へ向けた究極のオンライン教育を発信しています。

頭の教育は終わりを告げ、
時代は下腹重心教育という
新しいステージへ

稀代の教育者 Master.響 による
AI近未来へ向けた究極の重心体育
動画/音声講義300本以上を配信

ひとつながりの「人類史」を学ぶ

テクノロジーの劇的な進歩で、人類はヒマになった。
過酷な自然環境、病いや老い、コミュニケーション不足による争い。それらをはねのける術として様々な道具を人類は生み出した。その「行動」の原動力は、共通したシンプルな願い。

この人体を守りたい

しかし今日、私たちの眼前には思わぬ落とし穴が広がる。
「トランスヒューマン思想」。進歩したテクノロジーによる人体の義体化という文明の舵取り。人体を守るために人体を傷つけるというパラドックス。21世紀の人類が直面する難問がここにある。

それを解くカギが、意外なところに眠っていた。
世界で50億部以上発行されているベストセラー「Bible(聖書)」。そこに記された膨大な”暗号”の存在である。

そしてもう1つ。かつて「Bible」の”暗号”を解き、さらなる別の”暗号”を後世へ残した天才がいた。
ルネサンス期最高の芸術家にして科学者、レオナルド・ダ・ヴィンチである。

人類史に幾重にも貼られた付箋。「人体」をめぐる”暗号”。

それらを解き明かし、人体を中心とした多角的視点から歴史を眺めてみることで、これまで捉えきれなかった地球人類種の歴史の全貌がみえてくる。
「アタマの科学」の対となる「カラダの科学」が、新たな人類史のトビラを開きます。

これはあなたの血にも紡がれた、この星のDNAの物語。
まったくあたらしい歴史エンターテインメント『Da Vinci 聖書 Chronicle』開幕です。

AI近未来の日本に向けて
世界で一番、有名な
世界で一番、誤解された
あの、ベストセラー
あの、十字架の真実
Da Vinci Code 最終章、開演

稀代の教育者 Master.響 が解析する
聖書を巡る〈歴史行動学〉
音声講義 90時間以上を配信

カラダから「今」を科学する

「神」を創ったのは「脳」だった―

AI(人工知能)と共に進化した認知科学は「神」が「脳」の創作であることを明らかにした。
なぜ「脳」は「神」をほしがったのか?それは「死ぬのが怖かった」から。
この「死への恐怖」という生まれつき脳にきざみこまれたプログラムが「神」というVR=仮想現実を立ち上げている。

誰もが信じたこのカラクリを、たった一人で見破った天才が2500年前のインドにいた。
『釈迦(しゃか)』ことゴーダマ・シッダールタである。
彼は言った。「人生は苦なり」と。そして「すべては空である」と。

それは後世にプレゼントされた、あまりにシンプルで大きな叡智の宿題。
火星に探査機を送り、核ミサイルを飛ばせるようになっても、いまだ人類はその回答を出せずにいる。

どうして釈迦だけが2500年も昔に脳機能のプログラムを突破して、人生の謎を解くことができたのか。
その答えがやはり「カラダ」。この『人体』にありました。

「生きる」とは何か。「死」とは何か。
「わたし」とは、「苦しみ」とは、「時空」とは。

信じていても、救われない。
なぜなら「仏教」は学べるものだから―

「カラダの科学」を中心に、「釈迦」の教えた世界観を平易かつドラマチックに学ぶ。
21世紀を生きる日本人に贈る必須教養。この「今」を科学する新感覚仏教エンターテインメント『釈迦Chronicle』開幕です。

AI近未来の日本に向けて
最も身近で 最も不思議な
あの〈お寺の謎〉が
今、解かれます

稀代の教育者 Master.響 が解析する
釈迦が教えた〈空性と縁起〉の真実
音声講義 60時間以上を配信

RSEL寺子屋、湘南留学

RSELの本拠地は湘南にあります。RSEL寺子屋にはMaster.響を慕う同志30余名が集まり、毎夜講義を受けています。既存の教育や社会の仕組みに飽き飽きした、20代~30代の感度の良い志士と撫子が集っています。

幕末の日本には、現在のコンビニエンスストアと同じくらいの数の寺子屋があったといいます。倭人は、本当は学ぶことが大好きなのです。

しかし既存の教育は「体と思考」が結びついていません。戦後「寺子屋文化」と「肚(はら)の科学」が撤廃されたことによって、日本の教育はどんどん劣化してしまいました。

RSELでは、Master.響による肚の科学に基づいた『下腹重心教育』の普及を目指しています。Master.響の教育を「広める側」に回りたい者、または人体に基づいた「明るい科学」を創発したい者が、RSEL寺子屋に集っています。

関連サイト・お問い合わせ

RSELで用いられる膨大かつ深遠な造語を解説しています。

『お試し宇宙海賊ラヂオ』の13本と、骨格と性格の関係を紐解いた『ボディーフィギュア理論』、文明の構造を読み解く『脱戦争経済論』、下腹重心の基礎を教える『人体端末重心論』の三つの動画講座を無料で配信しています。

寺子屋に通う志士、撫子が、Master.響の叡智を「カクテル化」して発信しています。

ご質問、ご感想はこちらからお送りください。

 © TERAKOYA FRONTIER 2018