RSEL TERAKOYAは、新しい人類の群れである。
AI近未来へ向けて出現する
触覚静電気に基づいた感性の持ち主
New Type のための学び舎であり、アトリエである。

ART叡智ギャラリー

Requiem神楽 by Master.響

宇宙海賊ART公募展

【日程】毎週土曜日 17:15〜22:15
【参加費】5,000円【定員】15名

第一部:日頃RSELearksや宇宙海賊団のArt叡智に刺激を受けて作られたART作品を持ち寄り、寺子屋にて発表して頂きます。作品テーマは線と色そして形、舞い動き、声色、そして人体です。表現方法は文学的でも音楽的でも美術的でも身体的でも構いません。*作品発表なので何度でも参加可能です。

第二部:響社長のART丹田身体論の講義/蹲踞ChallengeΦ重心バランスリズム

第三部:ART叡智鍋&マスカグ見取り稽古

*上記の宇宙海賊ART公募展にて響社長に高く評価された作品は、宇宙海賊Art叡智グッズショップに展示され、宇宙海賊ART叡智Proの称号を与えられます。

AI近未来の日本へ向けた

究極の4大オンライン教育

各10,800円/1ヶ月
現在のオンライン筆子:計 143名 

RSEL TERAKOYAとは

湘南を本拠地とするRSEL TERAKOYAには、響社長を慕う同志40名が集まり、毎夜学び・体育・宴ARTを繰り広げています。既存の教育や社会の仕組みに飽き飽きした、20代~30代の感度の良い志士と撫子が集っています。

幕末の日本には、現在のコンビニエンスストアと同じくらいの数の寺子屋があったといいます。倭人は、本当は学ぶことが大好きなのです。しかし既存の教育は「体と思考」が結びついていません。戦後「寺子屋文化」と「肚(はら)の体育科学」が撤廃されたことによって、日本の教育はどんどん劣化してしまいました。

RSELでは、響社長による肚の体育科学に基づいた『下腹重心教育』の普及を目指しています。Master.響の教育を「広める側」に回りたい者、または人体に基づいた「明るい科学」を創発したい者が、RSEL寺子屋に集っています。

なぜ学ぶのか、何を学ぶのか

テクノロジーの革新が日増しに進み、私たちは自分の頭の世界に埋没しやすい文明を築き上げています。このまま進歩していけば、20年後にはヴァーチャルリアリティの世界で1日のほとんどを過ごしたり、体をどんどんロボット化していくような人々が現れるかもしれません。

でも、それと同時に「この体って何なのだろう?」と思う人々も増えるはずです。私たちはこの体から抜け出たことは一度もありませんが、ずっとそばにあるこの人体の謎は、実はほとんど解かれていないのです。

RSELでは、学主である響社長が解明した「人体という驚異のテクノロジー」を中心に、芸術、経済、歴史、宗教、物理科学と自然科学など、あらゆる分野を結び合せた究極の感性教育『ART叡智教育』と、人体の本当の扱い方を学び、五感の解像度を高める『下腹重心教育』の二つを主軸に、聖書をめぐる西洋史の秘密を解き明かす『Da Vinci 聖書 Chronicle』と、釈迦の教えを体育科学的に解き明かす『釈迦 Chronicle』を加えた、四つの学び方を通して、近未来へ向けた究極のオンライン教育を発信しています。

AI近未来の日本に向けて
“わたし”という謎を解く
波瀾万丈な宇宙海賊オンライン
究極の叡智ズキュン体験始まる

近未来の叡智冒険ラジオスクール
大航海中!!

稀代の教育者 響社長 による
AI近未来へ向けた究極の感性教育
音声講義1000本以上を配信

頭の教育は終わりを告げ、
時代は下腹重心教育という
新しいステージへ

稀代の教育者 響社長 による
AI近未来へ向けた究極の重心体育
動画/音声講義300本以上を配信

AI近未来の日本に向けて
世界で一番、有名な
世界で一番、誤解された
あの、ベストセラー
あの、十字架の真実
Da Vinci Code 最終章、開演

稀代の教育者 響社長 が解析する
聖書を巡る〈歴史行動学〉
音声講義 90時間以上を配信

AI近未来の日本に向けて
最も身近で 最も不思議な
あの〈お寺の謎〉が
今、解かれます

稀代の教育者 響社長 が解析する
釈迦が教えた〈空性と縁起〉の真実
音声講義 60時間以上を配信

関連サイト・お問い合わせ

RSELで用いられる膨大かつ深遠な造語を解説しています。

『お試し宇宙海賊ラヂオ』の13本と、骨格と性格の関係を紐解いた『ボディーフィギュア理論』、文明の構造を読み解く『脱戦争経済論』、下腹重心の基礎を教える『人体端末重心論』の三つの動画講座を無料で配信しています。

寺子屋に通う志士、撫子が、響社長の教育を「カクテル化」して発信しています。

ご質問、ご感想はこちらからお送りください。

 © TERAKOYA FRONTIER 2019